仕事関係

外出自粛などのコロナ疲れを軽減させる方法!気持ちを切り替えてモチベーションを保とう

疲れている女性

コロナウイルスの影響で毎日の行動が制限されています。

  • 全国の緊急事態制限
  • 外出自粛
  • 外出時はマスク着用
  • 人との接触を避ける

半年前とは生活は一変しています。

  • 家族に八つ当たりしてしまった
  • 家にいてもぐだぐだ過ごしてしまう
  • 在宅ワークでメリハリがつかない
  • 子供といる時間が長くてストレスが爆発しそう

コロナ疲れの影響でやる気がなくなってしまっていませんか?

僕自身、最近家にいる時はずっとスマホをいじってぐだぐだ過ごしていました。

ですが、最近やっと気持ちを切り替えてモチベーションを維持できるようになりました。

この記事では以下の内容を詳しく説明していきます。

  • コロナ疲れの原因
  • コロナ疲れを軽減させる方法
  • 外出自粛時のおすすめする副業4選

外出自粛の時こそ上手に自分を奮い立たせて、新しいことにチャレンジしましょう。

コロナ疲れ?あなたのストレスが溜まってしまう原因

子供が疲れて座っている

『コロナ疲れ』いうワードが出てくるくらい、コロナウイルスでストレスを感じている人は多いでしょう。

ストレスが溜まってしまう主な原因は下記の4つです。

  • テレビでコロナ関連のニュースを見てしまう
  • SNSの批判や炎上を見てしまう
  • 商品の品切れによる不安
  • 自分が感染するのではないか?という不安

なにげなく見てしまっているコロナ情報で少しづつストレスが溜まっているんです。

テレビでコロナ関連のニュースを見てしまう

テレビをつけたら毎日コロナウイルスの最新情報ばかりですよね。

Yahooのトップニュースもコロナウイルスばかり…

  • 東京都の感染者は○○○人
  • コロナウイルスによる死亡者数は○○○人
  • スーパーに人が増えた
  • マスクの品切れ
  • 失業や休業をしている人の嘆き
  • コロナ政策に対するコメンテーターの発言

どれも、不安・不満の感情ばかりです。

テレビをつけているだけで、ネガティブな情報が耳に入ってきます。

また、自分の住んでいる県のコロナ感染者情報を見て、急激に増えていたら不安になりますよね?

コロナウイルスに関する最新情報は知っておく必要がありますが、不安を煽るようなニュースもついつい見てしまいます。

コロナに関するニュースを見ているだけで自然とストレスが溜まっていきます。

SNSの批判や炎上を見てしまう

安倍総理が全国民に布マスクを2枚配ると言って、国民からはかなりの批判が殺到しました。

また、非常事態宣言が発令された時も、経済はどうなるのか?など批判する人がいました。

コロナ関係で不適切な発言をして炎上した人もいます。

今は日本中がコロナウイルスの情報にかなり敏感になっています。

政府のコロナ政策は疑問に思うこともあるでしょう。

しかし、批判や炎上に便乗してしまうと、

『もっと批判しよう』

という感情が勝ってしまって、相手を言葉でボコボコにしようとしてしまいます。

相手の粗探しを徹底的にやっちゃうんですよね。

相手のマイナス面を探しまくるってことですから楽しいことなんか一つもありませんよね。

そうやって負のスパイラルに陥って常にイライラしてしまうんです。

コロナ関係で批判や炎上がどこかしこであると思いますが、あまり首を突っ込まない方がいいですね!

スポンサーズリンク


商品の品切れによる不安

  • マスクの品切れ
  • 消毒液の品切れ
  • トイレットペーパーの品切れ(デマ)

商品の品切れが相次いでいます。

SNSのデマ情報を信じてティッシュやトイレットペーパーが品薄状態になりました。

最近では緊急事態宣言による外出自粛要請で、食糧の爆買いが懸念されています。

マスクや消毒液が品切れになっていて、なかなか買えませんよね。

転売ヤーが買い占めて、高額で販売されていて正直ムカつきますよね。

このムカついた感情がストレスとして溜まっていってしまいます。

最近では、鬼滅の刃や任天堂スイッチも手に入らない状況です。

僕も任天堂スイッチを探しているんですがどこにも売っていません。

スイッチが手に入らないのでGWは子供と何をして過ごそうかな?と考えているところです。

自分が感染するのではないか?という不安

  • 自分が感染してしまったらどうしよう…
  • 持病があるから絶対に感染したくない
  • 感染したら会社に迷惑がかかる
  • 感染したら周りからどんな目で見られるだろう…

正直、自分が感染するかどうかという不安が一番大きいのではないでしょうか。

コロナ対策を徹底しても、感染してしまうのがコロナウイルスの怖いところです。

また、いつ収束するのか?非常事態宣言の解除はいつなのか?

終わりのないウイルスとの戦いでストレスを感じてしまいます。

スポンサーズリンク


コロナ疲れを軽減させる方法

女性の元気そうな影

毎日毎日コロナウイルスのことで少しづつストレスが溜まっていきます。

ちょっとでもコロナ疲れを軽減させるにはとうすればいいのでしょうか?

僕の場合、外出自粛の影響で家ではこんな感じの生活でした。

  • 毎日お酒を飲む
  • コロナのニュースを見ながらビールを飲む
  • ひたすらスマホゲーム
  • 通っていたジムは休会し、体を動かさなくなった

ですが、下記の方法を試して気持ちの切り替えができるようになりました。

  • テレビを見る時間を制限する
  • 感染者が何人増えたとか気にしない
  • 批判や炎上に便乗しない
  • 筋トレなどで体を動かす
  • 新しいことにチャレンジする

順番に解説していきます。

テレビを見る時間を制限する

テレビをつける時間を決めておいた方がいいです。

最近、どの番組でもコロナウイルスに関するニュースが報道されています。

BGMがわりにテレビをつけていいたとしても、テレビの時間は決めておいた方がいいですね。

理由はコロナの情報になると、ついついテレビに釘付けになって不安になってしまうからです。

不安な情報は自らシャットアウトすることが一番です。

報道ではたくさんの意見が飛び交います。

国民全員に10万円給付でさえ、たくさんの意見があります。

意見がありすぎると、『どれが本当の意見なのか』『自分はどの意見に賛成なのか』なにが正解でなにが不正解なのか?

それだけで色々悩まされます。

世論のことよりも、まずは自分身体、自分の家族のことだけを考えましょう。

テレビを見過ぎてしまうと、不安になってしまうのでテレビを見る時間は制限した方がいいでしょう。

感染者が何人増えたとかは気にしない

これもテレビの時間を制限することに近いですが、今日は何人感染したとかいう情報も気にしない方がいいです。

感染者の人数を調べるよりも、自分自身や家族のことについて考えた方がいいですよね。

ネットで感染者数のラインキングを調べても気が滅入るだけです。

感染者数はあまり気にしないようにしましょう。

スポンサーズリンク


批判や炎上に便乗しない

  • アベノマスクに対する批判
  • 失業補償に関する批判
  • 政府の対応に対する批判
  • コロナに関する炎上発信

世界全体が不安と恐怖に包み込まれています。

日本政府に対する不信感、安部夫人の身勝手な行動…批判しようと思えばいくらでも批判できるところはあります。

ですが、批判や炎上に便乗して何か徳をすることがありますか?

批判することばかりを意識してしまうと、相手の悪いところばかりを探そうとしてしまいますよね?

  • こいつはダメだ
  • こんなんじゃ日本は終わってしまう
  • どう責任を取ってくれるんだ!

こんなことばかり考えていても、ストレスが溜まるばかりです。

ぶっちゃけ、他のことはどうでもよくてまずは身近なものから考えていきましょう。

  • 自分が感染しない
  • 家族を感染させない

このことが一番大切なことだと思います。

筋トレなどで体を動かす

休業中や在宅ワークで外出自粛していると、外にでることはほとんどありません。

すぐに体重が増加してしまうし、いざ外に出た時も思った以上に体が動かないことがあります。

ちょっとした隙間時間に筋トレをすることをおすすめします。

僕自身、ダイエット目的でジムに通っていたんですが、現在休会中です。

ジムに行かなくなって体重が3キロ増加したので、ダンベルと腹筋ベンチを書いました。

2個合わせて1万7000円くらいでした。

隙間時間に筋トレをして、コロナ太り対策をしています。

新しいことにチャレンジしてみる

不謹慎かもしれませんが、自宅にいる機会が多いので新しいことにチャレンジしてみた方がいいですね。

モチベーションも上がりますし、自分磨きにもなります。

コロナウイルスが収束して、新しいことにチャレンジした人・そうでない人では、結構差がつくのでは?と思っています。

  • 読書をする
  • 資格の勉強をする
  • 仕事のスキルを身につける
  • 趣味を極める
  • 副業を初めて見る

自宅にいる時間が増えた分、自分を見つめ直すいい機会です。

努力する人とぐだぐだ過ごした人では、この先の人生大きな差が生まれるでしょう。

やるかやらないかはあなた次第です。

スポンサーズリンク


外出自粛の時こそ副業にチャレンジしてみよう

外出自粛の時こそ副業にチャレンジすることがベストだと思います。

自粛や休業で、収入が減った人がかなり多いのではないでしょうか。

サラリーマンが安泰と言われていた時期もありました。

しかし、一つの収入源だとリスクが大きいということが実感できたのではないでしょうか。

今普段通りに働いていても、自粛が長引けばあなたの会社はどうなりますか?

だれにも予測がつきません。ひょっとしたら経営が大きく傾いているかもしれません。

この機会に副業を始めてみてもいいかもしれません。

僕がおすすめする副業は下記の4つです。

  • WEBライター
  • ブログ
  • アフィリエイト
  • フリマ販売

どれも聞いたことがあるワードだと思いますが、ざっくり紹介します。

自宅でもできるWEBライター

パソコンとネット環境があれば、だれでもWEBライターになれます。

WEBライターはクライアント(依頼主)からキーワード(お題)を指示され、そのキーワードに沿って記事を書いていくという感じです。

報酬形態は2パターンあって、

  • 1記事○○○円
  • 1文字○円

という感じです。

WEBライターで記事を書く場合、クラウドソーシングサイトに登録する必要があります。

いろんなサイトがありますが、下記の2つに登録しておけば、間違いありません。

WEBライターの案件以外にも、プログラミング・文字起こし・WEBデザインなどの案件が多数あります。

医療系や不動産の記事のような専門知識が必要な場合は、単価も高い傾向ですね。

案件にもよりますが、募集が多いのは以下のような感じ

  • 文字数2000字〜4000字
  • 文字単価0.5〜1.0円

文字単価0.5円以下の案件はやめた方がいいです。

以前、僕は30記事15000円というライター案件を受注して2ヶ月で挫折しました。

これは作業時間に対して単価が低過ぎて『やってらんねー』ってなりました。

スポンサーズリンク


情報発信できるブログ

僕が運営しているこのサイトはブログです。

ただ毎日の日常を描き続けていても、収益にはつながりません。

というか、一般人の日記は正直誰も興味ないですよね…

僕たち一般人は、検索で来た人が納得できる記事をかかないと稼ぐことはできません。

ブログの収益は主に4つ。

  • 広告クリック
  • アフィリエイトサイトの契約
  • Amazonなどの商品購入
  • 自分で作った商品の販売

グーグルアドセンスという広告をクリックしたら僕のサイトに広告収入が入ります。

アフィリエイトサイトに誘導して契約してくれたら、報酬が入ります。

ぶっちゃけ、先ほど紹介したランサーズクラウドワークスもアフィリエイトなんです。

あとはAmazonなどの商品リンクを貼ったりして、ブログの収益を確保します。

自分で作った商品とは『有料note』『サロン運営』『情報商材』などオリジナル商品の販売のことを指します。

これはかなり上級者向けですのであまり気にしないでください。

動画配信サイトが熱い!アフィリエイト

アフィリエイトを簡単に解説すると下記の通り

  • 広告主と提携する
  • 広告商品を売る
  • 売れた商品に対する報酬を受け取る

ネット検索すると、

  • 無料期間を使って動画が見放題ですよ〜
  • まずは無料で試してみませんか?

などよく見かけると思います。これってほとんどがアフィリエイトなんです。

特に今はコロナbの影響で外出自粛なので下記のアフィリエイトに需要があります。

  • VOD(動画配信サービス)
  • 通信教育
  • 宅配サービス

まずは、ASPというアフィリエイトサイトに登録する必要がありますが、下記の3つを登録しておけば安心です。

上記3つはアフィリエイトの定番なので、初心者は必ず登録しておきましょう。

というか、ブログやアフィリエイトしている人の99%は登録していると思います。

まずは自宅の不用品から出品!フリマサイト

いらなくなった洋服や小物をフリマサイトで販売してみましょう。

代表的なのは『メルカリ』『ラクマ』でしょうね。

結構なんでも売れるので、楽しいですよ!

10年前にUSJで買ったETのぬいぐるみを出品したこともあります。

正直『誰も買わんだろうな…』と思っていたんですが、1週間後くらいに売れましたね。

これって売れるのかなぁ?って思う商品でも売れる時があるので楽しいですよ。

スポンサーズリンク


まとめ

コロナの疲れで知らず知らずのうちにストレスが溜まっているかもしれません。

そんな時はテレビを消して、コロナ情報をシャットすることも大切です。

外出自粛で、家に家にいる時間が多くなるので新しいことにチャレンジしてみてはいかがですか?

個人的には自宅でできる副業がおすすめですね。

まずは興味があるものからはじめてみてみましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク